商品先物取引

商品先物取引といえば、投機的なイメージが強く、営業も強引な勧誘で懸念されていまが、海外では企業のヘッジなど幅広く利用されており農産物や鉱工業材料の価格・値段に影響を与えています。石油も「原油・ガソリン・灯油」など個別に別れており、金やプラチナは、 株式市場が低落するときに資金が流れがちです。何はともあれ相場ですので ニュース等情報が重要です。東京の金の市況など世界的に注目されている指標もあります。取引は詐欺的な被害に遭わないためにも、よく比較検討し、ブログやランキングサイトを参考にしましょう。オンライン取引やホームトレードのシステムが充実しているところがオススメです。上級者になるとアービトラージと呼ばれるサヤ取りやオプションも勉強して予想だけではない取引が主流になります。


株価指数にも先物がある?

金やプラチナ、原油やとうもろこしなど商品の価格だけでは なく、日経平均株価やTOPIXといった株価指数の先物やオプションの 取引もあります。これらの取引情報は株式投資のコーナーで紹介します。